知り合いの家がデザイナーズハウスです。
個性的な住宅にまつわる話

知り合いの家がデザイナーズハウスです

44歳 女性
知り合いの家がデザイナーズハウスです。
外観は真っ白、真四角。一目でデザイナーズハウスだとわかるくらい特徴的です。
シャッターも白で統一されていて、他の色は一切ありません。家の中ももちろん独創的です。
玄関がありません。玄関は無駄な空間だという、デザイナーさんの考え方なんだそうです。

確かに、居住スペースではないのに、一階面積のどれだけかを占める玄関。日本人って門とか玄関とか、他人と関わり合いのある部分を大事にするところがあると思うので、無駄と言われればそうだけれど、新しいというか、欧米的というか(欧米の玄関事情をよく知りませんが)割り切っているなと感心しました。
割り切りがないと、当たり前な普通の住宅しか建てられないものです。
我が家も自分たちで建てた家なのに、ごく普通ですから。
デザイナーズハウスの真っ白な外観。やはりと言いますか、経年劣化といいますか、汚れが目立つようになってきました。
雨が降れば窓の枠から下へ筋が付いてしまいます。デザイナーズハウスは、維持も大変そうです。

Copyright 2017 個性的な住宅にまつわる話 All Rights Reserved.