個性的な住宅は、私の家からはちょっと離れた所にあるのですが、お城のような家があります。
個性的な住宅にまつわる話

個性的な住宅は

32歳 男性
個性的な住宅は、私の家からはちょっと離れた所にあるのですが、お城のような家があります。当時私の通学路にあり、その時は家ではなくなにかお店みたいな建物だと思っていました。
学校を卒業して、友人がゴミの収集の仕事をしていたのを手伝っていた際に、その建物が個人の住宅だと知りました。

その仕事で家の中に入ったのですが、庭からして庭園に池があり、不思議なモニュメントみたいなものが沢山ありました。
さらに家の中にも入ったのですが、家というよりもなにか会館のような場所にはいった気分でした。
ところどころに綺麗な色の石がちりばめられていた記憶があります。どんな方が住んでいらっしゃるのかと思いきや、いたって普通の方が出迎えてくれました。
その時に思ったことが、正直私だったらこの家にはあまり住みたくないな、と。あまりにハデなので家でも気分が休まるような気がしませんし、外観がピンクで、イチイチ落ち着きません。
注文住宅は個人の自由なのですが、ちょっと私の趣味には合わなかった昔の記憶です。

Copyright 2017 個性的な住宅にまつわる話 All Rights Reserved.