普段は人が住んでいないようなので、住宅と言えるかどうか微妙ですが、電飾で有名なお宅を紹介します。
個性的な住宅にまつわる話

普段は人が住んでいないようなので

56歳 男性
普段は人が住んでいないようなので、住宅と言えるかどうか微妙ですが、電飾で有名なお宅を紹介します。いつの頃からか、クリスマスの電飾がキレイな住宅が口コミで広がっていきました。
最初はごく普通の飾り付けでしたが、年々豪華さを増し、今ではテーマパーク並みの凝った電飾です。

見物人も年々増えて、遠方からわざわざクルマで見に来る方もたくさんいます。普通の住宅ですから、駐車場もないし、休憩できる場所もないし、記念撮影して次の人と交代、という感じでみなさん楽しんでいるようです。
某チェーン店の社長さんが所有される住宅で、何となく始めた電飾が完成度の高さから話題になり、今では店の宣伝も兼ねて、豪華に飾るようになった、というウワサです。

最近は、LED電球などで自宅を豪華に飾る家が増えてきました。
私の自宅はマンションなので、そんな勝手なことはできませんが、仮に一軒家でもあんな面倒なことはやらないと思います。飾り付けで個性を出す、というのはもしかしたら邪道かもしれませんが、自宅を題材にして色々と楽しむというのは良いことだと思います。家を飾り付ける心の余裕や経済的な余裕があるということは、その家なり、その町なり、その国が平和である証拠かもしれませんね。

Copyright 2017 個性的な住宅にまつわる話 All Rights Reserved.