二十数年前に一戸建てで新築をしました。
個性的な住宅にまつわる話

二十数年前に一戸建てで新築をしました

54歳 男性
二十数年前に一戸建てで新築をしました。
自由の効くと言われる一戸建てで、今でこそ様々なプランを建てることができますが、当時はそんなに奇抜なものはなかったように記憶しています。
そんな中で業者に注文をしたのは、出窓をつくることと、1階の和室部分を将来増築しやすいようにしておくことの2点でした。
当時、出窓はオシャレな感じを出すものとしてちょっとした憧れでした。
そこで我が家でもぜひ取り付けたいという要望をだしました。
もう一点の和室部分の将来的な増築については、両親が年老いた時に増築しやすくしておいてほしいという思いからお願いしました。
ただ、両親はいまだに健在なため増築はまだ行なっていません。
住宅建築に関して、今のように様々な要求に対して対応できる技術や知識が当時あったならば、もっと様々なことを要求していたのではないかと思います。現在ならば、太陽光発電やオール電化などに大変興味が持たれます。資金に余裕ができたら考えたいと思っています。

Copyright 2017 個性的な住宅にまつわる話 All Rights Reserved.